Pablo Juárez  Japan Tour 2019

夜明けとともに巣立ってゆく鳥たちが
風を掴んで滑空するように
まだ見ぬ音楽地図に新たな軌跡を描くー

アルゼンチン水辺の都市ロサリオに生まれ
その土地に根ざしたフォルクローレを通奏低音に
身近に潜む はかない美しさに光をあて
ジャズ、クラシック、インプロヴィゼーションで昇華する才人
ピアニスト作曲家パブロ・フアレスの初来日公演

 

————————————————–

「音楽は静けさと動きを生み、インスピレーションが生まれ、リラックスし、イメージを呼び起こします。音楽は流れ行く川のように去り、同じ存在であることは二度とありません。」by Pablo Juarez(Latina誌777号インタヴューより)

水の悠久の流れのように感情の赴くまま奏でられるパブロのピアノ。各公演はアルバム『Solo Piano-El Amanecer De Los Pajaros(鳥たちの夜明け)』からのピアノソロを中心に、アルゼンチンの詩的風景を投影した即興を織り交ぜた演奏を予定。東京調布公演の千秋楽は、ピアノソロも演奏しつつ、現在パブロが注力しているトリオ編成にてリリース予定の新作からの楽曲と、フォルクローレ×室内楽ジャズの名作『Sumergido』からも演奏予定です。

 

〈東京世田谷公演〉ご予約受付中
日程 | 12月6日(金)
会場 | Fluss  世田谷区等々力2丁目1-14 B1
時間 | 開場19:30 / 開演20:00
出演 | Pablo Juárez (piano)
ゲスト出演|コトリンゴ(piano,vocal)※追記
料金 | 前売4,000円 当日4,500円
予約 | hummock label  ticket.info.hummock@gmail.com

 

〈大阪公演〉ご予約受付中
日程 | 12月13日(金)
会場 | 日本キリスト教団 島之内教会   大阪市中央区東心斎橋1-6-7
時間 | 開場18:30 / 開演19:00
出演 | Pablo Juárez(piano)
料金 | 前売4,000円 当日4,500円
予約 | オンラインチケットサービス「Livepocket」でお申込みください
https://t.livepocket.jp/e/pablojuarez_osaka
問合 | resonance music salonderesonance@gmail.com

 

〈姫路公演〉ご予約受付中
日程 | 12月14日(土)
会場 | HUMMOCK Cafe 姫路市的形町的形1864
時間 | 開場18:30 / 開演19:30
出演 | Pablo Juárez(piano) , w/石橋敬一(contrabass)
料金 | 前売4,000円 当日4,500円
予約 | hummock label :ticket.info.hummock@gmail.com

 

〈米子公演〉ご予約受付中
日程 | 12月15日(日)
会場 | ゆう&えんQホール 米子市淀江町西原1332-55
時間 | 開場18:00 / 開演19:00
出演 | Pablo Juárez (piano)
料金 | 前売4,000円 当日4,500円
予約 | CALMS  calmscenesss@gmail.com

 

〈岡山公演〉ご予約受付中
日程 | 12月16日(月)
会場 | 蔭凉寺 岡山市北区中央町10-28
時間 | 開場19:00 / 開演20:00
出演 | Pablo Juárez(piano)
料金 | 前売4,000円 当日4,500円
予約 | moderado musicmoderadomusic@gmail.com

 

〈名古屋公演〉ご予約受付中
日程 | 12月17日(火)
会場 | メニコンANNEX HITOMI ホール 名古屋市中区葵3丁目21-19
時間 | 開場18:30 / 開演19:00
出演 | Pablo Juárez(piano)
料金 | 前売4,000円 当日4,500円
予約 | PaPiTa MuSiCapapitamusica@gmail.com
hummock label :ticket.info.hummock@gmail.com

 

〈東京調布公演〉ご予約受付中
日程 | 12月19日(木)
会場 | 仙川フィックスホール 調布市仙川町1丁目25-17
時間 | 開場18:30 / 開演19:00
出演 | Pablo Juárez(piano),  w/ 西嶋徹(contrabass), 白石美徳(drums)
音響 | sonihouse 鶴林万平
料金 | 前売4,500円 当日5,000円
予約 | hummock label : ticket.info.hummock@gmail.com

 

※ご予約時に①各公演名②お名前③人数④ご連絡先電話番号をお伝えください

 

〈総合インフォメーション〉
予約・問合 hummock label 中村
Mail :  ticket.info.hummock@gmail.com
Tel :  079-254-1400/090-1674-1837

 


 

パブロ・フアレス /Pablo Juárez(piano)

1980年 アルゼンチン・ロサリオ生まれ。多方面の音楽グループで活躍していた父親の影響で、6歳の時バンドネオン奏者からフォルクローレの手ほどきを受け、8歳から音楽教育を学び、青年期にはコスキン音楽祭に3年連続出演。パラナー川の河岸で過ごした子供の頃から、彼にとって音楽と自然は関連したもので、その風景は詩であり音楽であった。南米諸国の音楽や北米のジャズやポップスにも影響を受け、様々な音楽を通して、音楽とは伝統的なものからコンテンポラリーまで、絶えず探求する道だということを学ぶ。 2007年よりブエノスアイレスを拠点にジャズ・フォルクローレシーンで活躍。Franco Luciani、Marcela Passadore、Miryam Quiñones、Georgina Hassan、Silvio Rodríguez、Jorge Fandermoleらとの共演や伴奏、25作品を超える録音参加、ドキュメンタリーTV『Uniendo Destinos』の音楽制作を手がける。自身の名義初作品は2011年『Sumergido』、このアルバムは新鋭ミュージシャンを紹介するサイトClub Del Discoに選ばれ、日本でも2枚のコンピレイションアルバム『bar buenos aires』『Quiet Corner』に収録された。2015年 シンガーJulián Venegasとのデュオ作『Dos Cauces』をリリース。 現在ロサリオにて活動し、2017年 Hugo Fattoruso、Carlos Aguirre、Andrés Beeuwsaert、Alexander Panizza、Lilian Sabaらと共にピアノ・フェスティバルへ出演のほか、シルク・ドゥ・ソレイユでの生演奏や、ウルグアイ各地での演奏セミナー開催など、多岐にわたり音楽交流を深めている。2018年 ピアノで自然界の音の表現を試みた作品『Solo Piano – El Amanecer De Los Pájaros』を録音し初の日本盤としてリリース。2019年12月初来日公演を各地で開催。


Pablo Juárez / Solo Piano – El Amanecer De Los Pájaros

 

*  *  *  *  *  *  *

 

 

コトリンゴ / kotringo(piano, vocal)
《東京 世田谷公演 ゲスト出演》

音楽家
5歳からピアノをはじめる。
バークリー音楽大学に留学し、ジャズ作曲科、パフォーマンス科を専攻。
2006年、坂本龍一がナビゲーターを務めるJ-WAVE「RADIO SAKAMOTO」のオーディションコーナーにて、のちに2ndシングルとなる『にちよ待ち』がオンエアされ、 坂本龍一プロデュース「ロハスクラシックコンサート」に出演。
同年、坂本龍一プロデュースのシングル『こんにちは またあした』で日本デビューを飾る。以降、現在までに11枚のソロアルバムと7枚のサウンドトラックアルバムを発表。
最新オリジナルアルバムは、2017年発売の「雨の箱庭」。
2016年11月に公開し、ロングヒットのアニメーション映画「この世界の片隅に」のテーマ、劇中歌、BGMの全ての音楽を担当し、第40回日本アカデミー賞優秀音楽賞、第71回毎日映画コンクール音楽賞、おおさかシネマフェスティバル2017音楽賞を受賞。
映画の世界を表現した「すずさんとハナウタライブ」が好評を得て、全国各地で開催。
現在は映画、ドラマ、アニメのサウンドトラックや、CMなどを手がけ、演奏のみならずオーケストラアレンジの表現も深め、音楽家として高い評価を受けている。
また、近年はナレーションなど、声での表現の幅も広げている。
2018年には初の海外ツアーでアルゼンチンを訪れ、全6公演を大成功させ、海外での評価も高まっている。
卓越したピアノ演奏と柔らかな歌声で浮遊感に満ちたポップ・ワールドを描くアーティストとして活躍中。

 

石橋敬一 / keiichi Ishibashi(contrabass)

《姫路公演ゲスト出演》

52年姫路市生まれ。大学時代19歳でプロになり、納谷嘉彦トリオにて全日本プロ・アマジャズコンテストで3位になる。’79年渡米し、ボストンのバークリー音大を奨学生として作・編曲科を3年で修了し、首席で卒業する。在学中、<エディ・ゴメスジャズマスターズアワード>、<デューク・エリントンジャズマスターズアワード>を受賞。ボストンジャズ協会からは最優秀ミュージシャンとして<ロイ・ヘインズアワード>の表彰を受ける。又、ダウンビート誌主催の全米・カナダ学生ジャズコンテストでピアニストの小曽根 真とのデュオで優勝する。’82年卒業直後にニューヨークに移住し、ジョージ・ムラーツの唯一の弟子になる。在住中に、ビリー・ハーパー、ウィントン・マルサリス、ブランフォード・マルサリス、マーヴィン・スミティ・スミス、ルー・タバキン、ウォーレス・ルーニー、ジェフ・テイン・ワッツ等と共演する。’84年帰国し、東京に住む。渡辺貞夫、日野晧正はじめ、鈴木宏昌、猪俣 猛、今田 勝、伊藤君子、 ジョン・海山・ネプチューン、渡辺香津美、阿川泰子等多数共演。又、TVのCMや、映画音樂、CDも 多数レコーディングしている。’85年より日本テレビの<今夜は最高>に5年間レギュラー出演し、スタジオミュージシャンとしても 活躍し、渡辺真知子、島田歌穂、Gクレフ等の全国ツアーをする。’87年~’90年、武道館での最大のジャズイベント<ALL JAPAN JAZZ AID>に初回より4回(最終回)まで連続出演する。’92年、国際交流基金にてインドJazz Yatraに阿見紀代子グループで参加。’93年、ゲーリー・バートン、小曽根 真グループのタイツアーに参加。’94年姫路に戻り、ジャズクラブWISH(ウイッシュ)を開店。国内外のミュージシャンを招き、自らリーダーとしてライブを行う一方、’97年NHK教育TV<山下洋輔のジャズの掟>にレギュラー出演する。’97年NHK教育TV<山下洋輔のジャズの掟>にレギュラー出演する。’99年、自らプロデューサー兼ベーシストとして発表した、大型新人ジャズ・ゴスペルシンガー越智順子のCD『EXPOSURE』が大ヒットし、コンサートツアー等で全国を飛び回る。’01年11月、越智順子CD第2弾『JESSE』、’02年11月にはN.Y録音の越智順子第3弾CD『What Do You Want For Love?』 with David Kikoski Trioをプロデュース。’04年、20年間講師を務めたAN Music School東京校、京都校を退職してプロデュース業に専念し、 韓国No.1ジャズボーカルの<ウンサン>、大型新人ジャズボーカルの<たなかりか>のCDプロデュースをする。プロデュースしたこれらすべてのCDがスイング・ジャーナルVocal部門”ディスク大賞”にノミネートされ、プロデューサーとしても活躍する。’05年、これまでの34年間のプロの演奏家として培った音楽のノウハウを生かして応用できる個人音楽療法に目覚め、一切の音楽活動とプロデュース業を廃業し、音楽療法の勉強を始める。独自の「音・音響療法」を開拓し、その効果に注目した理研BSI(脳科学総合研究所)の脳信号処理研究チームと共同研究も進める。’07年、世界で活躍する和太鼓エンターテイメントグループ「TAO」の音楽講師&リズムトレーナーとして九州大分県での指導を行う。「TAO」の’08年度CDにも、おおたか静流と共にゲスト参加する。現在は、病院や高齢者施設において「音・音響療法」を行う傍ら、音楽講師やライブ活動も行っている。

 

 

 

西嶋徹 / Toru Nishijima(contrabass)

《東京 調布公演 ゲスト出演》

1973年 東京生まれ。5歳よりヴァイオリンを始め、高校の時にベースを始める。ジャズ、アルゼンチンタンゴを軸に、幅広い音楽性で様々なジャンルのアーティストをサポートしている。これまでに、Jazztronik、Pablo Ziegler、綾戸智恵、ウィリアムス浩子、小野リサ、カルメン・マキ、木住野佳子、小松亮太、葉加瀬太郎、長谷川きよし、藤本一馬、古澤巌、ワサブロー、等のレコーディングやコンサートをサポート。現在、Cuatrocientos、三枝伸太郎Orquesta de la Esperanza、鬼怒無月Quinteto、大柴拓Ensemble para Frores、吉田篤貴EMOstrings、などのグループに参加。2014年、ピアニスト林正樹と共に、アルバム「El retratador」をリリース、2018年、ソロアルバム「Phenomenology 」をリリース。 太くしなやかな音色と流麗な旋律で、あらゆる音楽に独特の方向性と深みをあたえる演奏は、共演者から常に大きな信頼を寄せられている。

 

 

 

白石美徳  / Yoshinori Shiraishi (drum,percussion)  

《東京 調布公演 ゲスト出演》

兵庫県加古川市で育つ。社交ダンス講師である両親の影響で幼い頃より様々な音楽に馴れ親しむ。ジャズドラマーとして関西での音楽活動を始め、2011年、拠点を東京へ移す。現在、東京と関西の両方で演奏活動をし、関西では11人編成のダンスバンドYoshinori Shiraishi Ballroom Orchestraを主宰。社交ダンスパーティーのステージで演奏。東京ではジャンルを問わず国内外ミュージシャンやダンサーと共演を続け、舞台作品にも参加。藤田善宏・村田正樹によるパフォーマンスユニット「ニヴァンテ」に参加する。その他、映像作家と音響的な即興演奏を行うこともある。これまでの共演は山田光、影山朋子、谷口知巳、かみむら泰一、Huw Lloyd、荻野やすよし、横山祐太、Tristan Honsinger、Terry Day、Utku Tavil、Joe Rosenberg、西島芳、日吉直行、吉野弘志、mmfilms。これまでのバンド活動はffrond、fabre’s fable、triogy、hikaru yamada and the librarians、ルルルルズ等。

 

————————————————–

協力 | Latina co.ltd、Inpartmaint inc、bar buenos aires、resonance music、PaPiTa MuSiCa、moderado music、CALMS、Fluss、HUMMOCK Cafe
企画・制作 | hummock label

 


 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

Kazuma Fujimoto, Shikou Ito Duo Tour  2019

 

〈東京 公演〉 2days 終了ありがとうございました
日程|8/10(土)& 11(日)
会場|COCHI 東京都江戸川区南小岩8-12-6中村マンションⅡ
時間|19:00
開場 / 20:00 開演

〈名古屋公演〉 
日程|8/22(木)
会場|JAZZ 茶房 靑猫 名古屋市名東区藤が丘49アンフィニビルB1
時間|19:00 開場 / 20:00 開演
料金|予約3,500円 / 当日4,000円
予約|JAZZ 茶房 靑猫   Tel 052-776-5624
※名古屋公演のメール受付は終了しました
直接お電話にてご予約お願いいたします
※当日席は19:00以降に直接ご来場ください(連絡不要)

 

〈大阪公演〉 
日程|8/23(金)
会場|鴻臚館(こうろかん) 大阪市中央区安土町1丁目7−20 新トヤマビル1F
時間|19:00 開場 / 19:30 開演
料金|予約3,500円 / 当日4,000円(共に1ドリンク別途要)
予約|ムジカ アルコ・イリス ✉ my2933@i.softbank.jp
Tel 080-3853-9363(安田)
Tel 06-6264-7088(鴻臚館)

 

〈姫路公演〉 
日程|8/24(土)
会場|HUMMOCK Cafe 姫路市的形町的形1864
時間|18:30 開場 / 19:30 開演
料金|予約3,500円 / 当日4,000円
予約|HUMMOCK Cafe  Tel 079-254-1400(店休日を除く 9:00~19:00)
ticket.info.hummock@gmail.com

 

〈米子公演〉 
日程|8/25(日)
会場|ゆう&えんQホール 米子市淀江町西原1332-55
時間|17:00 開場 / 18:00 開演
料金|予約3,500円 / 当日4,000円
予約|CALMS   ✉ calmscenesss@gmail.com

※ご予約時に①公演名②お名前③人数④ご連絡先電話番号をお伝えください

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

 


Wavenir Tour, Spring 2018  Komorebi 

出演 : 藤本一馬(guitar)  伊藤志宏(piano)  w/内田輝(sax)

・ピアノ調律 : 内田輝

4/27 (金)  東京 公演 |やなか音楽ホール 【予約開始は2/3(土) A.M10:00~】
・時間 : 18:00 開場 / 18:30 開演
・会場 : やなか音楽ホール ▶ 東京都台東区谷中3-23-8
・料金 : 予約 3500円 / 当日4000円 (先着順自由席)
・予約 : hummock label ▶ メール ticket.info.hummock@gmail.com 電話 090-1674-1837(中村)

追記※学生の方は半額(受付にて学生証をご提示ください)

・・・
4/28(土)  名古屋 公演 |JAZZ茶房 靑猫 【予約開始は2/3(土) P.M1:00~】
・時間 : 18:00 開場 / 19:00 開演
・会場 : JAZZ茶房 靑猫 ▶ 愛知県名古屋市名東区藤が丘49 アンフィニビルB1階
・料金 : 予約 3500円 / 当日4000円 (共に 1 ドリンク別途/先着順自由席)
・予約 : JAZZ茶房 靑猫 ▶ 電話 052-776-5624
hummock label ▶ メール ticket.info.hummock@gmail.com 電話 090-1674-1837(中村)

追記※学生の方は半額(受付にて学生証をご提示ください)

・・・
4/29(日) 姫路 公演 |姫路文学館 講堂 北館3F 
・時間 : 13:30 開場 / 14:00 開演
・会場 : 姫路文学館 講堂 ▶ 姫路市山野井町84番地 (駐車場約60台)
・料金 : 予約 3500円 / 当日4000円 (先着順自由席)
・予約 : hummock label ▶ メール ticket.info.hummock@gmail.com 電話 090-1674-1837(中村)

追記※学生の方は半額(受付にて学生証をご提示ください)、昼公演につき大人の方とご一緒の小さなお子様(中学生以下)は無料。休憩所あります。

※「日にち・公演名・お名前・人数・電話番号」の5項目をお伝えださい。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

photo by Yoshinori Kurosawa

■藤本一馬  Kazuma Fujimoto
http://kazumafujimoto.com/

ギタリスト、作曲家。
雄大な自然からの着想、自己の内面を投影した作曲性と独創的な演奏で、これまで国内外のアーティストとのライヴやレコーディング作品への参加に楽曲提供など、多種多様な活動を展開。リーダー作品には、国内の共演者とのアンサンブルを軸に 南米よりCarlos Aguirre、Renato Motha & Patricia Lobato、André Mehmari、Silvia Iriondo、Joana Queirozらを録音に迎えリリース。『SUN DANCE』(2011年) 『Dialogues』(2012年) 『My Native Land』(2014年) 『FLOW』(2016年)
藤本一馬/伊藤志宏『Wavenir』(2014年)
また、今年結成20周年を迎えるナガシマトモコとのユニット〈orange pekoe〉では同世代を中心に大きな支持を得ている。2016年4月よりNYに拠点を移し、広いヴィジョンとその音楽性は高く評価されている。

 

 

*****************************

photo by Yoshinori Kurosawa

 

■伊藤志宏 Shikou Ito

https//www.shikoupf.com/

ピアニスト、作曲家。
14歳で東京交響楽団とベートーヴェン ピアノコンチェルト三番を共演し、音楽理論は慶応義塾経済学部在籍中に独学で学ぶ。多様な編成で独自の活動を展開し、シンガーからも伴奏者、編曲家としての信頼も高く、トリオやソロなどの作品をリリース。『LADIES & PIANOMAN』(2012年) 『ヴィジオネール』(2013年) 『タペストリア』(2014年) 『毒ある寓話』(2017年)
2013年公開映画の音楽を担当。これまでの活動ユニットには〈Shima & Shikou DUO〉や〈audace〉、バンド ピアニストとして〈オバタラ・セグンド〉と松浦俊夫PRESENTS〈HEX〉など、国内外のツアーに参加。日々耽美なピアノの音色を探求し届けている。

 

***************************

photo by yatoo takashi

 

■内田輝 Akira Uchida
http://baroquevoice.tumblr.com/

サックス奏者、クラヴィコード奏者、ピアノ調律師。
音楽大学でサックスを専攻。ピアノ調律を習得後、14世紀に考えだされた鍵盤楽器(クラヴィコード)に出会い演奏と製作を行なっている。他、ピアノ調律を通した”音のワークショップ”を全国で開催。ソロ名義作品では ピアノとソプラノサックスによる『OTOTSURE』(2014年)、ピアノソロ『after the rain』(2015年)などをリリース。 AOKI,hayato と haruka nakamura との〈FOLKLORE〉メンバーとしても音楽の旅を続けている。

 

 

 

 

 

協力 : JAZZ茶房 靑猫、やなか音楽ホール、姫路文学館、Argyle Design ltd、Inpartmaint Inc. 、NRT

ツアー企画・主催:hummock label

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Kazuma Fujimoto & Shikou Ito “Wavenir” Release Tour
2015 Spring

 

hl-15

公式ツイッターにて最新情報を更新中
  https://twitter.com/hummocklabel

全11公演終了しました。ご来場の皆さまと関係者の皆さまに心より深謝申し上げます。(2015.5.19 hummock label)

 


出演 : 藤本一馬(guitar)、伊藤志宏(piano)

東京公演
4 / 11 (土)  東京 公演 |やなか音楽ホール
・会場 : やなか音楽ホール 東京都台東区谷中3-23-8

鎌倉公演
4 / 16 (木)  鎌倉 公演 |café vivement dimanche
・会場 : café vivement dimanche 神奈川県 鎌倉市小町2-1-5

小山公演
4 / 17(金)  小山 公演 |Fellows
・会場 : Fellows  栃木県小山市駅南町4-27-1

山形公演
4 / 18(土)  山形 公演 |FRANK LLOYD WRIGHT
・会場 : FRANK LLOYD WRIGHT 山形市七日町4-16-6 YTピアビル2F
・主催:yama-bra

福島公演 
4 / 19 (日)  福島 公演 |Player’s Cafe
・会場 : Player’s Cafe 福島県福島市栄町12-29 グリーンタウン栄町4F

札幌公演
4 / 25(土)  札幌 公演 |渡辺淳一文学館 地下ホール~聴雪庵5周年記念コンサート~
・会場 : 渡辺淳一文学館 ▶ 札幌市中央区南12条西6丁目414
・共催 : 聴雪庵

美唄公演
4 / 26(日)  美唄 公演 |アルテピアッツァ美唄 アートスペース(旧体育館)
・会場 : アルテピアッツァ美唄 北海道美唄市落合町栄町

美幌公演
4 / 29(水・祝)  美幌 公演 |びほーる
・会場 : 美幌町民会館「びほーる」 美幌町字東2条北4丁目9番地
・協力: CAFE+ZAKKA森音 ※美幌公演は、美幌町芸術文化振興事業の補助を受けています 。

姫路公演 
5 / 8 (金) 姫路 公演 |HUMMOCK Cafe ~13th Anniversary Live~
・会場 :HUMMOCK Cafe 姫路市的形町的形1864

鳥取公演
5 / 9 (土) 鳥取 公演 |CAFE KOHANHE (カフェ湖畔へ)
・会場 : CAFE KOHANHE 鳥取県鳥取市桜谷17-7 CAFE KOHANHE

米子公演 
5 / 10 (日)  米子 公演 |ゆう&えん Qホール
・会場 : ゆう&えん Qホール 鳥取県米子市淀江町西原1332-55
・BGM選曲 : pwm(Puerto de la Música)
・主催:Puerto de la Música -プエルトムジカ